闇金の嫌がらせはどれくらい続くの?

闇金の嫌がらせが始まるのは、支払いをストップしたときからです。

 

支払っているときとは態度がガラッと変わり、執拗で頻回な取り立てが始まり、応じなければ嫌がらせがエスカレートしていきます。

 

そんな闇金の嫌がらせはいつまで続くのかというと、取れないと諦めるまでで、1ヶ月くらいが多いようですね。

 

闇金もビジネスなので、取れない相手に人件費をかけるのは効率が悪いのです。

 

それよりも新規のお客を獲得して取った方が利益になるのです。闇金に借りた人は、最初の内は支払う人が多いんです。

 

ただ、闇金の嫌がらせが1ヶ月で終わるとは限らないし、一ヶ月どころか、一週間でも耐えられないですよね。

 

 

闇金にどんな嫌がらせをされるの?

 

闇金は支払ってくれるお客さんは離しません。なので、闇金から手を切るには、支払わないことが一番ですが、払わないと嫌がらせが始まります。

 

どんな嫌がらせをされるのか、よくある手口は次のようなことです。

 

よくある闇金の嫌がらせと対策

  1. 電話による嫌がらせ
  2. ・非通知の無言電話が頻繁にかかる
    ・職場へ電話をかけてくる
    ・家族に電話をかけてくる
    ・ご近所に電話をかけてくる

     

    自分にかかってくる電話は取らないようにすれば良いですし、電話番号を変えたり、固定電話なら接続を切っておくなどで対処できます。

     

    しかし、職場や家族、ご近所へ、あなたが闇金で借りて返さないなどと電話されると困りますよね。

     

    しかも頻回にかけてくるので迷惑どころの話じゃなくなります。あなたの信用は丸つぶれになってしまい、場合によっては会社を辞めることになるかもしれません。

     

    対策として、「個人情報を悪用されて、借りてもいない闇金の嫌がらせにあっている。」と弁明することくらいでしょうか。

     

    なんにせよ、電話による嫌がらせに屈せず、絶対に出ないこと、連絡が取れない状態にしておくことです。

     

  3. 宅配を送り付けてくる
  4.  

    ピザや寿司などの宅配サービスに勝手に注文されて届けられます。しかも10人前とか大量に注文されてしまいます。

     

    頼んでないと断れば良いのですが、宅配サービス店は大迷惑ですよね。

     

    一度でも、そんなことがあれば、次回から注文が有ったときは折り返し電話で確認してもらうようにお願いしておくことです。

     

    また、宅配の嫌がらせはご近所へも派生することがあります。

     

    その場合も、ご近所への注文にも折り返し電話で確認をお願いしておくことですね。

     

  5. 救急車や消防車を呼ぶ
  6.  

    宅配サービスの勝手注文と同じ手口で、救急車や消防車を呼ばれることがありますが、この場合も、消防署に折り返し電話で確認を取ってもらうようにお願いしておくことです。

     

    宅配注文や救急車などを呼ぶのは、子供じみた嫌がらせなので、ガキみたいな個人がやっていることが殆どです。

     

    周囲に迷惑がかからないように対策をして無視することです。

     

  7. ネット上に個人情報を流す
  8.  

    最近多くなったのが、SNSなどのネット上で個人情報を流す嫌がらせです。

     

    見知らぬ人の個人情報など一般人は気にもとめませんが、個人情報を悪用しようとする人に流れてしまうこともあります。

     

    ネット上にばら撒かれた個人情報は、どこまで拡散するのか分からないですし、一度流出してしまったらどうしようもないです。

     

    ここまでにならないうちに、闇金と手を切る対策をすることです。

 

自力で嫌がらせを止めるにはどうすれば良い?

 

闇金からの嫌がらせを自力で止める方法ですが、これはひたすら耐えるしかないですね。

 

決してやってはいけないことは、連絡することです。

 

自分はともかく、職場や家族にまで嫌がらせが及ぶと、やめてくれと連絡したくなりますよね。闇金は、それを待っているんです。

 

止めてほしかったら払え!と迫られ、また支払い続けることになってしまいます。

 

警察に相談しても止まらない?

 

闇金被害は警察の生活安全課で相談に乗ってくれますし、被害届を出すことができます。

 

でも、警察は事件性がないと実際には動いてくれません。

 

闇金は違法行為をしていることを承知の上でやっていますから、足がつくようなことをしなくなっています。

 

ドラマなどでよく見るような、直接自宅へやってくるようなことはしないのです。

 

せいぜい、電話や宅配注文を使った嫌がらせですから、警察に相談しても「無視してください。」と言われるだけなんです。

 

万が一、接触してきて危害を加えられそうになった時に、被害届を出しておくと少しは対応が早いくらいと思っていた方が良いですね。

 

被害届を出すなら、電話の会話を録音するなどで証拠を提出しておくと良いです。

 

録音させてもらったので、警察へ届けますと告げるのも一つの手です。

 

最近の闇金は、足がつかないように携帯電話のみで取引してきますから、ヤバいと思ったら連絡が取れなくなります。

 

なので、どこの誰か分からないため、警察も手の出しようがない場合が多いです。

 

弁護士に依頼したら嫌がらせが止まるって本当?

 

闇金問題は弁護士に依頼すると即日解決する場合があります。

 

ですが、依頼した弁護士によっては、嫌がらせが終わらないこともあり、「諦めるまで無視してください。」と言われることがあります。

 

弁護士にも時分野があるので、闇金対応に慣れていない場合に、キッパリ解決できないことがあるのです。

 

また、闇金が弁護士に嫌がらせをすることも稀にあるので、闇金問題は断る事務所もあります。

 

闇金の嫌がらせを今すぐ止めるなら、闇金に強い弁護士が最適です。相手にもよるので100%とは言えませんが、ほとんどが解決しています。

 

闇金は直接接触できませんから、交渉は電話になりますから、全国どこからでも大丈夫ですよ。

 

電話一本で、即日解決することも多いです。

 

闇金専門法律事務所

 

まとめ

 

闇金への支払いを止めると、態度が一変し執拗な取り立てや嫌がらせが始まります。

 

嫌がらせは、電話によるものや宅配サービスを勝手に注文したり、救急車や消防車を呼ぶなどが殆どで、自宅や職場に押しかけてくることは滅多にありません。

 

直接接触すると、捕まる可能性がいからです。

 

自分だけでなく、家族や職場、ご近所までも電話をしてきます。

 

闇金の嫌がらせへの対策は、連絡を絶ち嫌がらせは無視し続けることです。闇金は、たまらなくなって連絡してくるのを待っているのです。

 

連絡が取れないまま1ヶ月くらいで諦める闇金が多いのですが、嫌がらせに耐えられず精神的に参ってしまうこともあります。

 

そんな闇金の嫌がらせを今すぐ止めたい場合は、闇金に強い弁護士や司法書士に依頼することです。

 

闇金は借りたお金さえも返金の必要がありませんから、弁護士に相談するなら一刻も早い方が得策です。