闇金問題は警察に相談すべきなのか?

闇金の支払いをストップすると脅しめいた取り立てや嫌がらせが始まります。

 

さらにエスカレートするのではないかと怖いですよね。そんな時には、警察に相談してみるのもひとつの手段です。

 

ただ、警察に相談したからといって取り立てがすぐに止まることは稀で、必ず解決するとは限りません。

 

また、警察に相談したことで闇金が逆上することもあるので、警察に相談すべきかどうか迷うところでもありますね。

 

闇金問題を警察に相談するなら、自分もそれなりの覚悟が必要です。

 

 

闇金問題で警察が介入できるのは?

 

闇金問題の取り締まりが強化されてはいますが、警察は全ての闇金問題に介入できるわけではありません。

 

職権上、警察が動けない場合もあるのです。

 

警察が介入できる闇金問題

 

闇金問題で警察が介入できるのは、事件性がある場合のみです。

 

自宅や職場に押しかけて物を壊されたり暴力を振るわれたなどの実害がないと、警察はなかなか動いてくれません。

 

動いてくれないというより、民事だけだと介入できず動けないのです。

 

闇金は警察に捕まるのは一番イヤなことなのですが、嫌がらせの電話くらいでは逮捕には至らないことを知っています。

 

ギリギリのところで脅しめいた取り立てや嫌がらせをしてくるのです。

 

実際に手を出すと逮捕されてしまうので、姿を現すことはないのですが、電話で脅されると怖いお兄さんがやってきそうな気がしますよね。

 

もし、危害を加えられるようなことがあれば、事件性があるので警察も動いてくれます。

 

警察が介入できない闇金問題

 

借金に関する問題は民法で裁かれることになりますが、警察は民事不介入という決まりがあるのです。

 

闇金に法外な利息でお金を取られているといった被害は民事になるので、警察で相談はできても介入はできないのです。

 

警察に相談したのに何もしてくれない、職務怠慢ではないのか、と思われるかもしれないですが、警察が動ける事件ではないのです。

 

警察で闇金相談できるのはどこ?

 

警察に闇金相談をする場合は交番ではダメです。警察署の生活安全課です。

 

取り合ってくれないなどということはなく、担当者にもよりますが親身に相談に乗ってくれることが多いです。

 

警察に相談するときは、できるだけ詳しい情報を書き出していくと良いです。

 

  1. 闇金の氏名、住所、電話番号
  2. 契約書(あれば)
  3. いつ、いくら借りたか
  4. いつ、どれだけ支払ったか
  5. 振り込んだ銀行口座情報
  6. いつどんな取り立てをされたか
  7. いつどんな嫌がらせをされたか

 

最近の闇金は足がつかないように携帯電話のみで取引するので、住所を教えたりしませんから、分かる範囲でできるだけ詳しく。

 

脅されたり危害を加えられた事実があれば、被害届を出すこともできますから、証拠となるものを持参すると良いです。

 

  1. 電話の会話の録音
  2. 怪我をさせられた場合は診断書
  3. 物を壊された写真

 

闇金も証拠を残さないように注意を払っているので、直接取り立てにくることは殆どないですから、可能であれば脅しめいた取り立て電話を録音しておくと良いです。

 

警察での闇金相談を有効に使うには

 

警察は事件性がないと動けないのなら、闇金問題を相談するのは無駄かというと、場合によっては取り立てが止まることもあります。

 

闇金は違法行為と知っていてやっている確信犯なので、警察に捕まらないように注意を払って営業しています。

 

逮捕されるのは避けたいですから警察と接触したくないのです。

 

なので、警察に通報されたということで、手を引く闇金もいます。

 

しかし、自分で「警察に通報しました。」と、言ったくらいでは怯みません。

 

ですので、警察官に直接言ってもらうのが一番です。

 

相談に行ったとき警察署から闇金に電話をして、警察官に代わってもらうとか、警察署の電話から電話するなどです。

 

警察に届けると闇金が逆上しないか?

 

警察に通報されたことで、闇金が逆上することが絶対にないとは言えません。

 

警察官に直接警告されたときは、分かりましたと返答しても、警察の手が及ばないところで取り立てや嫌がらせが酷くなる可能性もあります。

 

引き下がるか逆上するかは、相手の闇金次第なので、どうとも言えないです。

 

警察では、「違法行為なので無視してください。」と、言われるのが普通ですし、それ以上の対応はしてもらえないので、自分が毅然とした態度で怯まないことです。

 

警察に相談しても四六時中守ってくれるわけではないですし、事件性がないと警察は動けないということを承知しておきましょう。

 

警察が介入できない民事は法律事務所

 

警察は民事に介入できないので、民事なら民事に対処できる弁護士や司法書士などの専門家に相談するという手段もあります。

 

闇金問題は、法律の専門家に任せた方がすんなりと解決することが多いです。

 

ただ、闇金問題を積極的に対応する弁護士や司法書士は少ないですし、実績がない法律事務所に依頼すると解決しないこともあります。

 

警察に相談したのと同様に、「借りたお金くらいは返しましょう」とか「無視してください」で終わることもあるのです。

 

また、弁護士等に依頼すると費用がかかりますから、まずは、無料相談を利用してみると良いです。

 

⇒無料相談できる闇金に強い法律事務所3選

 

まとめ

 

闇金問題の中で警察が介入できるのは、事件性があるものだけです。

 

借金に関するトラブルは民法になるため、警察は民事不介入の定めにより介入することができないのです。

 

では、闇金問題を警察に相談することは全く無駄かというと、警察に通報されたことで手を引く闇金もいますから、解決することもあります。

 

警察の担当者次第な部分がありますが、取り合ってくれないなんてことはないので、警察署の生活安全課に相談してみると良いでしょう。

 

警察では介入できない民事に対応できるのは、弁護士や司法書士です。闇金に強い法律事務所に相談してみてるのも良いです。