闇金の手口にハメられる人

闇金の手口にハメられる人は大きく分けて2通りあります。

 

闇金と知っていて借りた人
闇金と知らずに借りてしまった人

 

どちらが多いと思います? 意外にも闇金と知らずに借りてしまった人が多いんです。

 

闇金が狙っているのは、多重債務者や自己破産などの債務整理をした人、専業主婦など、一般の消費者金融では借金ができない人です。

 

そんな個人情報を知った上で勧誘してくるのですから、その手口も巧みです。引っかからないようにしましょう。

 

 

闇金の勧誘手口

 

闇金の勧誘は、電話、ダイレクトメール(はがき)など、個人を特定して送られてくるものや、ホームページ、チラシ、貼り紙などによる広告です。

 

直接の個別勧誘

 

闇金が力を入れているのは、重債務者などをターゲットにした直接の個別勧誘です。なぜ、闇金融はその住所や電話番号を知っているのでしょう?

 

実は、闇金業者は名簿屋から多重債務者リストを仕入れているんです。

 

無差別に勧誘しているのではなく、他ではお金が借りられないと知っていて、甘い誘いをかけてきます。

 

闇金手口

 

闇金がターゲットにしている人は、審査が厳しい消費者金融では借りられない人です。お金が必要なのに、どこも貸してくれない。

 

そんな人に、「うちなら貸せますよ。」と、甘い誘いで勧誘します。親身に相談に乗ることもあります。

 

消費者金融より低い金利で貸し出しできるように装っていることも多いです。

 

落とせそうな客に、「じゃあ、審査してみましょう。」と、持ち掛けてきます。

 

でも、実際には審査なんてしないんです。多重債務者って分かっているのだから、はなっから高金利しか考えていません。

 

高金利でも納得して借りさせるように、巧みに勧誘してくるのです。

 

消費者金融を装ったHPで勧誘

 

最近、主流になっているのが、ホームページや掲示板への書き込みでの集客です。

 

闇金の存在が世間に知れ渡ってしまったので、ヤクザまがいの闇金融では客が取りにくくなった背景があるのです

 

消費者金融と区別がつかないくらいキレイなホームページなので、何の疑いもなく信用してしまう人が多いのです。

 

闇金サイト

 

あたかも正規の消費者金融のようなキレイなホームページで安心感を出しています。

 

ブラックOKなど、あからさまな表現もしなくなっています。

 

とにかく、新規の客を取らないと儲けられないので、一般の消費者金融と変わらないサイトで集客しています。

 

そして、直接会うと足がつきやすいので、申込み後の対応は全て携帯だけです。

 

基本的に契約書はないですが、免許証など身元確認を求められます。さらに、勤め先の電話番号、家電、携帯、家族の勤め先なども必須になっています。

 

借金の申込をする際には、十分に気をつけてくださいね。

 

もし、すでに闇金から借金して取り立てに困っているなら、すぐに手を切りましょう。

 

闇金があっさりと手を引く方法もあります。

 

⇒闇金の取り立てが今すぐ止まる方法

 

闇金融の回収手口

 

闇金は大金を貸しません。正規の金融業者から借金ができない人が相手なので、大金を貸して逃げられたら大損ですからね。

 

特に、新規の場合は3万〜5万円くらいまでです。利息と手数料を先に天引きするのが通常です。

 

回収周期は、7日周期、10日周期、14日周期が多いですね。金利が高いので、こまめに回収しないと支払ってもらえませんからね。

 

そもそも、お金に困窮している人が、10日前後で完済できるはずがないことを分かっていて貸すのです。

 

完済できないなら利息だけの支払いで、元金はジャンプしましょうってことになります。

 

10日間で5割(トゴ)の金利だったら、最初に利息分として半分は天引き、2回目で金利だけ貰えば貸したお金は戻っています。

 

その後はジャンプを繰り返し、利息を回収すれば儲けですからね。

 

【例】10日間5割で30,000円の借金

 

借入額:10,000円
利息:15,000円
手数料:3,000円
差引振込額:12,000円

 

元金ジャンプで利息のみ支払い
10日後:15,000円

 

闇金が出しているお金は、実質12,000円
1回目の利息回収15,000円で元金は回収済

 

利息だけでも、月に3回も支払うのはすぐに無理になって払えなくなりますよね。すると、本性を現し、取り立てがガンガン始まるのです。

 

この時のために、本人以外の連絡先として、勤め先の電話番号、自宅の電話番号、携帯、家族の勤め先などの情報を取られているのです。

 

そして、周囲から追い込まれます。「〇〇さんにお金貸してるんですけど・・・」と、会社や家族に電話がかかってきます。

 

もちろん、本人の電話は鳴りっぱなし状態になります。

 

闇金と知って借りた人も、闇金とは知らずに借りてしまった人も、2〜3ヶ月くらいで利息の支払いもできなくなり、追い込まれていくのが現状なのです。

 

闇金は貸すこと自体が違法行為なので、元金さえも返す必要はないのですが、追い込みがかかった状態で、「違法だから払いません。」なんて、怖くて言えないですよね。

 

闇金の手口は多種多様

 

一昔前と違って、闇金の情報も得られやすくなってきたため、利用者も警戒するようになっています。そのため、闇金もお客が取りにくくなってきており、時代背景に合わせて手口も巧妙になってきています。

 

直接対面の取引は足がつきやすいため、ホームページやSNSで集客して、その後は携帯1本での対応が殆どです。

 

今、多いのが「090金融」や「ソフト闇金」です。両方をミックスしたような闇金も多く、どちらがどうと区別はつきにくいですね。

 

あと、グループで回す「システム金融」も残っています。

 

  • 090金融
  •  

    勧誘も対応も携帯のみの闇金は、「090金融」と言われていましたが、090金融も入口はホームページなどネット集客が主流です。

     

    090で始まる携帯電話で取引をするので、「090金融」と言われています。

     

  • ソフト闇金
  •  

    低めの利息で、半年〜1年くらいのスパンで完済させずに利息を取り続ける「ソフト闇金」は、専業主婦の利用も多いです。多数の客に小口で貸しています。

     

    ソフト闇金も申し込み後の対応は携帯1本が殆どです。

     

  • システム金融
  •  

    1社目で高利小口の融資で払えなくなったら、2社目を紹介して借金させて返済させ、2社目も払えなくなったら3社目で借金させて返済させる手口です。

     

    紹介されるヤミ金はグループだったり、同一の人物が運勢する別名の闇金だったりします。

     

    最後には、女性だったら風俗で働いて返すように促されることもあります。稀に、裸の写真を要求され、脅しに使われた実例もあります。

     

    システム金融が流行っていた時期がありますが、現在は少なくなっています。

 

闇金申込み後に使われる手口に、「押し貸し」や「キャンセル料金融」があります。

 

  • 押し貸し
  •  

    押し貸しは勝手に借金を増やされる手口です。闇金に教えた預金口座に、申込以上の金額を振り込まれ貸したことにされてしまうのです。

     

    押し貸しは、全体の10%程度で多くはないですが、そういう手口を使われることもあります。

     

  • キャンセル料金融
  •  

    申込み後に闇金と気付いてキャンセルしたとき、キャンセルの手数料として請求されることがあります。

     

    申込をしてしまったら、融資を受けなくても闇金に支払いが生じてしまう手口です。

 

その他にも様々な手口で、お金を騙し取ろうとします。闇金というより、詐欺と言える手口が多いですね。

 

  • 買取屋
  •  

    クレジット現金化と言われる手口で、クレカで商品を買わせ代わりにお金を融資します。翌月には、借りたお金以上のクレカの支払いが来ます。

     

  • チケット金融
  •  

    新幹線の回数券などを代金後払いで販売し、指定の金券ショップで換金させる手口です。

     

  • 自動車金融
  •  

    車の名義変更や売買契約で高金利の融資を行い、リースで車を使用させたり、車の保管料を取ったりします。

     

    リース料や保管料が払えなくなったら、車を売り飛ばします。

     

  • 家具リース金融
  •  

    自動車金融と同様の手口で、家具を売買契約しリース料を取る手口で、最終的には買い戻しさせるのが目的です。

     

    支払いが滞ると、回収して売り飛ばすため、家にやってきます。

     

  • 年金担保金融
  •  

    年金を担保に高金利で短期融資をする手口です。年金しか収入がない高齢者が利用すると、使えるお金がなくなり生活ができなくなります。

     

  • パチンコ金融
  •  

    パチンコ屋や競馬場の駐車場で車などにチラシを挟んで勧誘する手口で、パチンコ店の店員とグルになっている場合もあります。

     

    最近では、チラシで勧誘することはほとんどなくなっており、090金融に移行しています。

     

  • 紹介屋
  •  

    うちでは貸せないからと、別の闇金を紹介して高い紹介料を取る手口です。紹介時に紹介料が必要とは告げられず、あとから請求されます。

     

  • カラ貸し
  •  

    カラ貸しは一切借りていないのに支払い請求する手口です。「未払いの債権回収を依頼された」などで、電話、郵便物、ダイレクトメールなどが突然届きます。

     

  • 債権買取金融
  •  

    債務があるターゲットを狙って、債権譲渡が行われたなどと脅して騙し取る手口です。

     

  • 整理屋
  •  

    弁護士など債務整理する業者を装って、債務整理の手付金などの名目でお金を取る手口です。

     

  • 名義貸し
  •  

    市場調査などのアルバイトをでっちあげ、借金させたお金を取って持ち逃げする手口です。

     

    返済は会社がするからと借入金は取られますが、返済してくれないので、借金だけが残ります。

     

  • 信用屋
  •  

    借入の前に、あとで返金する約束で信用確認のためにお金を振り込ませ、融資は行わず騙し取る手口です。

 

闇金に個人情報を教えたときの対策

 

闇金から借金してしまったと気づいたら、できるだけ早く闇金との接触を断ちましょう。

 

最低限の対策はしておくことです。

 

教えた預金口座を解約する

 

教えた預金口座を解約するのは、勝手に振り込まれ「押し貸し」などの被害に遭わないようにするためです。

 

固定&携帯電話の番号を変更する

 

固定電話や携帯電話も番号を変更するか解約するかで、闇金が接触できないようにしておきます。

 

ただ、本人に連絡がつかないと、会社や家族へ連絡されます。そのために会社や家族の連絡先が必須になっているのです。

 

闇金から手を切る対策

 

闇金は貸すこと自体が違法行為なので、利息はもちろん借りたお金を返す必要はありません。

 

支払ってくれる客は、闇金にとって質の良いお客さんですから、とことん取られますから、一日も早く手を切ることです。

 

無視する

 

闇金が取れない相手だと諦めるまで無視する。取れない相手にいつまでも手をかけるより、取れる相手を絞った方が得策なので、取れないと判断したら諦めます。

 

ただし、ちょっとやそっとでは諦めないので、どんな取り立てにも我慢できるなら、一切払わず無視することです。

 

警察に届ける

 

警察の生活安全課の窓口に届けておくと良いですが、警察は事件性がないと動かないので、取り立てが止むことはないです。

 

方法として、警察に届け出たことを伝え、窓口で警察の人に電話を変わってもらって直接言ってもらうのも一つの手です。

 

警察に届けられたことで引き下がる場合もありますが、逆上する場合もあります。

 

弁護士に依頼する

 

弁護士や司法書士に依頼すると、即日で取り立てがストップしますし、支払いも必要なくなります。

 

弁護士によっては、借りた元金だけは返済することで、和解しようとする場合もあります。そんな弁護士には頼まないことです。

 

ガツンと電話1本で解決してしまう弁護士もいれば、闇金から元金は返さないと和解できないと交渉される弁護士もいます。

 

電話1本で解決できない弁護士や司法書士は、闇金にもなめられてるんです。

 

闇金に強い法律事務所に依頼するのが鉄則です。

 

⇒闇金に強い法律事務所

 

まとめ

 

闇金の手口は年々巧妙になり、最近では一般の消費者金融かと思わせるようなキレイなホームページや、対応の良さで勧誘してきます。

 

そのため、闇金と知らずに借金してしまう方が増えています。

 

一度でも借りた客からは、取れるだけ取るのが闇金です。

 

借りただけで逃げる客もいますから、その焦げつきは取れる相手からとことん取ります。

 

キチンとした契約書はないですが、本人の免許証等のほかに、本人以外の個人情報も求められます。勤め先の電話番号、自宅電話、携帯電話、家族の勤め先などです。

 

申込段階で、おかしいと感じたら契約しないこと、個人情報を教えないことです。

 

もし、すでに闇金で借りてしまっている場合は、一日も早く手を切りましょう。